ふながたファンクラブ通信 第2号(2012.9.3)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
   
          ふながたファンクラブ通信
                         第2号(2012.9.3)
                       発行:舟形観光情報館
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
 
【目次】
 ○ ふながた若鮎まつり開催
 ○ ザ・舟形人
 ○ 舟形町のおすすめ
 ○ カルチャースクールのお知らせ
 ○ 女神を語る
 ○ 読者記事の募集
 ○ 読者プレゼント(10名)

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
【ふながた若鮎まつり開催】
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
山形県舟形町では、毎年恒例の若鮎まつりを開催します。
目玉は小国川で獲れた鮎の塩焼き!特別価格でいただけます。歌謡ショーには
「原田悠里」さんが登場します。ほかにも特産品販売やカラオケ大会、パレ
ードなどもりだくさん!
日程:9月8日(土)・9日(日)
場所:アユパークふながた
詳しくは→
http://www.town.funagata.yamagata.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT
_DISPLAY_
ID=U000004&CONTENTS_ID=1367
           
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
【ザ・舟形人(ふながたじん)】佐藤和夫さん
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 ここでは、舟形に住む人にスポットをあてて聞き書きします。今回は、町で
一番の物知り!?佐藤和夫氏にお話を聞きました。元小学校の校長先生で、今
でもさまざま、学校行事に関わっておられます。町の任意地域づくり団体であ
る「ブナの実21」の塾長です。自然保護活動ほか、小学校の総合学習の講師
などされています。子供のころは、小国川での鮎獲りや山での遊びに夢中にな
ったそうです。戦後すぐは、学校の先生が自由に自然のなかで遊ばせてくれた
ことで発想力や学びの力がついたとおっしゃっています。若いころはスポーツ
をがんばったそうで、そのおかげかもうすぐ80歳となりますが、山歩きも慣れ
た足取りです。みなさまへのメッセージをいただきました。「舟形町は外に向
けてのPRが苦手なのでみなで話し合いながらよくしてゆきたい。ぜひ協力をお
願いします。」

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
【舟形町のおすすめ】鮎
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+ 
 舟形といえば、鮎!です。町内を流れる小国川の天然あゆのおいしいさは明
治天皇が絶賛したほどです。脂ののった鮎は9月ごろです。また、ヤナ漁がは
じまります。川の中に足場を組み、竹でつくったすのこ台を設置し、上流から
流れてきた鮎をとります。おいしい鮎を一年中楽しみたい、という思いもあっ
て加工品が生まれました。そのひとつが、「鮎ぼし」です。文字通り、あゆ
を干しています。ぎゅっと旨みが凝縮されて絶品です。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
【9月のカルチャースクール】
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 身近な草花を使って、お部屋をいろどる生け花をしてみませんか?

内容:野花・野草を使った生け花教室
日時:9月29日(土)
   午前9:30~正午くらいまで
場所:猿羽根山体験実習館
講師:福昌寺 植松路子氏 
参加費:1人 1,500円
締切り:9月22日(土)
申し込み・お問い合わせ:Tel.Fax: 0233(32)0660
                        Mail: johokan@funagata.info
            舟形観光情報館

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
【女神を語る】国宝になった「縄文の女神」にまつわる話題です。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 夏といえば、お祭です。舟形では各地区で神輿が担がれました。地区内を練
り歩きます。かけごえは地区によってそれぞれです。午前中いっぱい担いだあ
とはみなでお酒をかわし、ご飯をいただきます。さて、「縄文の女神」が発掘
された西ノ前の集落でかつがれる神輿には「縄文の女神」の金色のエンブレム
がつけられています。国宝になるにあたり、「縄文のヴィーナス」から「女神」
へと名前が変わりましたが、この地区ではもともと「女神」と名付けられてい
ました。祭日にしか神輿堂は開きませんが、夏の祭の時期にはぜひ一見です!

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
【読者記事 募集!!】
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
メールマガジンを一緒に盛り上げてみませんか。あなたの書いた記事が掲載さ
れます。今回募集のテーマは、「舟形の思い出」です。実際に舟形町へ行った
ときのことや、東京でのイベント時のことでも気軽に書いてご応募ください。
件名に「舟形の思い出」と入れてください。字数は200字程度です。

記事送付先:johokan@funagata.info

掲載させていただいた方には粗品をプレゼントします。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
【読者プレゼント】
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 今月のプレゼントは、「縄文の女神キーホルダー」です。木製で味わい深い
 木のぬくもりがあります。
 抽選で10名様にプレゼントいたします。皆様、ふるってご応募ください!

○応募方法
 希望するプレゼント名をタイトルに記入し(例:乾燥マッシュルーム希望)
 以下の内容を明記のうえ、メールにて応募してください。
 1.住所 2.氏名 3.年齢 4.職業 5.電話番号 
 6.「ふながたファンクラブ通信」に対するご意見・ご感想、ご要望 
○ 応募メールアドレス 
  present@funagata.info
○ 応募期間
  平成24年9月3日(月)~平成24年9月14日(金)
○ 当選の発表・時期
  当選の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。
  商品の発送は平成24年9月下旬ごろの予定です。
○ 応募の注意点
  プレゼントの応募は一人一口とさせていただきます。複数の応募が判明し
  た場合、応募を無効とさせていただく場合があります。
○ 個人情報の取り扱いについて
  応募に際して収集したメールアドレス・氏名・住所・電話番号などの個人
  情報は、プレゼント当選者への商品発送および確認のために使用し、第三
  者への提供など収集目的以外の利用は一切いたしません。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
【編集後記】
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 聞いてはいたけれど、山形の夏は暑いです。うちわが手放せません。
とはいえ、朝晩は涼しくて過ごしやすいです。熱帯夜は経験していません。東
京とはここが違うかもしれません。この寒暖差が果物や農作物によい影響を与
えているんですね。秋からはももやブドウがお目見えです。楽しみです。 

◎「ふながたファンクラブ通信」第3号は、9月下旬ごろ発行予定です。


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
発行:舟形観光情報館
   〒999-4605 山形県最上郡舟形町長沢8067
   TEL・FAX:0233-32-0660
ふながた観光情報ホームページ:http://funagata.info/

○ 当メールマガジンの登録・解除は、こちらへ。
 → お手数ですが johokan@funagata.info あてに「配信解除」とタイトルに記入し
   メールにてご連絡ください。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

関連する記事・ページ