魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

6月のカルチャースクールお知らせ

今日の情報館からの葉山です。
もう雪がだいぶん消えて初夏のきざしです。

 


さて、今年度第一回目カルチャースクールのお知らせです!

祝☆国宝「縄文の女神」記念としまして、

舟形の土を使った「縄文の女神」土偶作り 陶芸教室  を開催します。

この国宝になった年に、あ なただけの「縄文の女神」を作ってみませんか。

きっと心に残るはず。

 

 

お友達と、家族はもちろん、お1人でも気軽にご参加ください。

内容は下記になります。

ここがおすすめ
☆舟形産の土入り
☆作った土偶は、8月開催の縄文炎祭で野焼きします!!
☆自分だけのオリジナル
☆季節の手づくりお茶菓子つき


日時:6月23日(土)

   午前の部 10時~

   午後の部 2時~(約2時間)

場所:薫風窯

定員:各部先着10名

料金:1,000円(季節の手づくりお茶菓子つき)

講師:薫風窯 金寛美先生

持ち物:エプロン

申込み・問い合わせ:舟形観光情報館 0233(32)0660

富長小の運動会

富長小学校の運動会へ行ってきました。
舟形町には小学校が4つありますが、来年度には一つに統合されます。
各校での運動会はこれが最後。
同じ日に各小学校で運動会があるのですが、どの小学校でもいつもより地元観覧者が多かったようです。

晴天に恵まれ、涼しい風もときおり吹く日でした。
わたしは、”宝つり”を初めて見たのですが、いいですねえ。
釣り糸を幕内で囲われた釣り堀ににたらすと幕の中にいる生徒さんが
景品を釣り針につけてくれる、というしくみです。
ここでは恒例だそうですが、面白いなと思いました。

 


集落対抗つな引きは盛り上がりました。
一般参加ができるのも魅力です。
今年度で地区の小学校がなくなってしまうのは悲しいことだなあと地元の声がありました。
いつも聞こえていた子供達の声も聞こえなくなるというのは、さびしいことです。


お昼は各家庭で気合を入れて手づくりされたごちそうづくし!
わたしもお邪魔しました。
あゆの甘露煮、わらびの一本漬け、おいなりさん、ぜんまい煮に舌鼓です。
おいしかったです!ありがとうございました。

 


小学校目の前の田んぼには水が入り、月山も美しくそびえていました。
最後の運動会、子供達は元気に参加していました。
たくさん思い出を作っていってほしいなと思いました。

鶏の散歩

先日、福寿野へ行ったときに比内地鶏を飼育しているところを通りかかりました。
ちょうど、たくましい鶏氏が散歩していました。
まるまるとふとっておいし・・・笑

 

比内鶏は秋田県北部の米代川流域を中心に飼育されてきたそうです。
縄文時代以前から存在した、日本固有種だとか!
品種改良もされず、貴重な鶏です。
なんだか鶏を見る目が変わってしまいそうですね。

比内地鶏は、この比内鶏とロードアイランドレッド種を掛け合わせた雑種とのこと。
きりたんぽ鍋との組み合わせがよいとか、冬に食べてみたいです。

舟形観光マップ

 


舟形駅前にある、観光物産センター内にはこのような地図看板があります。
色どりゆたかで、見ているだけでわくわくします。
駅から続く猿羽根山へのハイキングコース、その名も縁結びの道は雑木林のなかをくねくねと登ってゆくようです。
地図の真ん中下にあるチャイルドランドには、ちょっとしたアスレチックのような遊具があり、
小国川沿いの涼しい風を受けながら親子で遊べます。

まだまだいろいろな発見がありそうです。
ゆっくり歩いての散策もいいですね!

舟形マッシュカレー

舟形で栽培されているマッシュルームを使ったカレーを食べました。

 


マッシュルームの出汁がよく効いたカレーです。
きのこカレーはあっても、マッシュルームに特化したカレーは珍しいですよね!
国産マッシュルームも貴重です。
ぜひ、舟形へ来たら、このお手軽レトルトカレーで味わってみてください。

巨大なジャンボマッシュルームもあります。
なんと、直径13~15センチだそう。味もよく、わさび醤油で生のままいただけます。
舟形名物のマッシュルームです。