魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「梅雨の終わりの風景。」

もうすぐ7月も終わりで、雨もたっぷり降っているけどなかなか梅雨が明けない舟形町。

Rps20130730_083944 

1011 

去年はほとんど雨が降らなくて、梅雨明けもすごく早かったのに、今年はちょっと違いますね(゚m゚*)

1010 

気温がめったに30度以上になることがなくてとても過ごしやすいので、猛暑になるよりはいいかもと思ったりもしますが、今週末に縄文炎祭があるので、それまでには明けてほしいです!!

Rps20130730_084059 

1009 

最近は夕方になるとキレイな夕焼けが見れたり、ミンミンゼミが鳴き始めたりして、夏が近付いて来たかな?という感じがします。

今週中には梅雨明けするといいですね(*´ェ`*)

 

 

本日の舟形.com 「今週末は。」

今週は、週末に2つ縄文の女神関連のイベントを控えた「縄文の女神ウィーク」です。

8月3日(土)・4日(日)には、「縄文炎祭」と「縄文の女神里帰り展」が同時開催されます。

Ts3s2342

縄文の女神里帰り展

・日時 

 8月3日(土):午前9時~午後8時

 8月4日(日):午前9時~午後5時

・場所

 舟形町中央公民館 2階展示室 他

・入場料:無 料

・展示品

  • 国宝「縄文の女神」及び 附47点
  • 国宝「縄文のビーナス」レプリカ(長野県茅野市)
  • 西ノ前遺跡出土土器、石器84点 ・遺跡の地図、発掘当時の写真・資料等
  •  

・オープニングイベント テープカット  

 日時:8月3日(土)午前9時~

 場所:中央公民館 1階ロビー

 

また4日(日)には、舟形町中央公民館3階大ホールにて「国宝土偶シンポジウム」も開催されます。

・日 時:8月4日(日)午後1時30分~午後3時

・場 所:舟形町中央公民館 3階大ホール

・テーマ:~国宝土偶「縄文の女神」と「縄文のビーナス」の出会い~縄文土偶の魅力を語る~

コーディネーター 山形県埋蔵文化財センター   整理課 課長  黒坂 雅人 氏
コメンテーター  長野県茅野市立尖石縄文考古館  考古館係   山科   哲  氏
コメンテーター  山形県埋蔵文化財センター  専門調査研究員  小林 圭一 氏
コメンテーター  山形県埋蔵文化財センター  主任調査研究員  菅原 哲文 氏

・問い合わせ:舟形町教育委員会 0233(32)2246

 

今年もまた国宝に指定された「縄文の女神」の本物がやって来ますので、ぜひ見におこしください!!

 

縄文炎祭(ジョウモンヒマツリ)

・場所:女神の丘(舟形町西堀地区)

・8月3日(土)

 午後1時:開祭・作品受付
 午後4時:窯入れ
 午後5時:点火・イベント
 午後8時:消火
 午後8時30分:縄文の女神誕生祝 打上花火

・8月4日(日)

 午前8時:窯出し
 午前9時:審査会
 午前9時30分:表彰式 閉祭

・問い合わせ:舟形焼わかあゆ薫風窯(舟形環境情報館内)0233(32)0660
         舟形町まちづくり課 0233(32)2111

 

縄文炎祭は、一般の方が作った土器や土偶を野焼きしながら、縄文風の遊びや料理を楽しむちょっと変わったお祭りです。

他では味わえない雰囲気のお祭りですので、ぜひ縄文時代の空気を味わいに来てください(*^ω^*)ノ

どちらのイベントもたくさんのおこしをお待ちしております!!

 

 

本日の舟形.com 「発掘中!」

舟形町西堀地区にある『西ノ前遺跡』では、7月22日~8月9日の間、未掘調査区間の調査が行われています。

1004 

きのう、試掘調査中の西ノ前遺跡へ行ってみました。

普段は案内板のまわりは何もないのですが・・・

1003 

今はところどころに穴が掘られていて、ビニールシートやテントが被せられています。

ここだけでなく、奥の林の中でも発掘作業が行われていました。

1005 

土の中からはちょっとずつ色々な物が見付かっているそうです!!

8月4日(日)の午前11時からはここで現地説明会が行われるそうなので、その時にどんな発表がされるのか、楽しみですね~(o^-^o)

現地説明会は事前の申込が必要なく、誰でも参加できますので、8月3日・4日に舟形町中央公民館で開催される『縄文の女神里帰り展』や、遺跡近くで開催される『縄文炎祭』へおこしの際に気軽にお立ち寄りください♪

 

 

1006 

明日は一般の方も発掘の体験ができるイベントがここで行われます。

こちらは定員があって、残念ながらもう募集は終わってしまいました(*´Д`*)

小学生以上の子供も参加するそうなので、遺跡発掘という貴重な体験をぜひ楽しんでいってほしいです!

 

 

 

本日の舟形.com 「若鮎まつりのスタッフ・出場者募集中です♪」

今年も9月7日(土)と8日(日)に『ふながた若鮎まつり』が開催されます。

  071a 

まだ7月ですが、早くもボランティアスタッフ・カラオケ大会の出場者・出店者の募集が始まっております!!

 

*ボランティアスタッフ*

・対象:16歳以上の方

・内容:まつり当日の運営の手伝いなど

・応募:8月5日(月)まで

・申込/問い合わせ:舟形町役場産業振興課商工観光班 0233(32)2111

 

*若鮎カラオケ大会*

・出場料:3,000円

・持ち物:カラオケテープ

・締 切:8月30日(金)

※当日参加申込は不可

・申込/問い合わせ:最北歌謡振興会 0233(23)7433

 

*出店者*

・区 画:間口約5.5m×奥行約6.6m×高さ2~3m

・負担金:40,000円(鮎を商品の中心として販売する場合は20,000円)

・締 切:7月31日(水)

・申込/問い合わせ:最上南部商工会舟形事務所 0233(32)2242

 

お祭りをより楽しみたい!より盛り上げたい!という方は、ぜひご参加ください☆

 

 

本日の舟形.com 「夏休みにオススメ☆」

本日7月24日から舟形小学校が、26日から舟形中学校が夏休みに入ります。

町なかでは早くも楽しそうに遊ぶ子供達の姿が見られるようになってきました。

社会人になるとなかなか長い休みというのはなくなるので、これから1ヶ月も休みがある子供達がうらやましいですね(*^-^)

 

 

私が小中学生だった頃、舟形はまだ3学期制で1年が編成されていたので、今とはちょっと休みの時期が違いました。

確か夏休みが始まるのは20日辺りで、新庄祭りが終わる頃まで休みがありました。

今は休みが始まるのも遅く、お盆が終わって少ししてから学校が始まってしまうので、昔よりも夏休みが短くてなんだか寂しい感じがします(*´ェ`*)

夏休みが短いかわりに秋休みがあって、そこで学期が変わるというのもちょっと大学みたいで不思議な感じ。

夏休みが始まってそろそろ梅雨も明けてほしい頃ですが、今年はまだもう少し雨が続きそうですねrain

 

 

今週末、舟形では夏休みに入った子供達にオススメなイベントがあります♪

まずは27日(土)、一ノ関大橋下で行われる鮎釣りの教室。

こちらは中学生以上しか参加できませんが、参加料1,000円で道具も全部借りることができるので、初めて鮎釣りをするという人にオススメです☆

7月27日・8月3日・8月17日の計3回ありますので、ぜひ親子で一緒に参加してみてください!!

申込・問い合わせは、舟形町役場産業振興課商工観光班 0233(32)2111 まで。

 

同じく27日(土)には、西堀地区にて西ノ前遺跡の発掘体験があります。

残念ながらこちらはすでに定員の50名に達してしまって、募集が終わってしまいましたが、小学生も参加できるので子供達も参加していそうです。

試掘調査は今週の月曜日から始まっているのですが、色々出てきているみたいですよ~(*^m^)

これから8月9日までの調査期間中に何が見付かるのか、楽しみです。

 

『最上八宝伝』は、7月20日~9月23日まで開催中です。

こちらは今とても人気が上昇しているそうです。

最上の8市町村それぞれに宝箱が隠されているので、最大8回ゲームが楽しめるところがいいですよねo(*^▽^*)o

抽選で当たる賞品も豪華なのが魅力的です。

ぜひお子さんと一緒に大人も楽しんでいただけると嬉しいです♪