01. 鮎釣りと観光 鮎釣り・みどころ観光情報
福昌院の大イチョウ

福昌寺の大イチョウ

樹齢約200年で胸高周囲4.6m、樹高32m。
大木の枝から気根が垂れ下がった珍しい乳銀杏。

詳細を見る

定泉寺のエゾヒノキ

定泉寺のエゾヒノキ

墓地の全体を見渡すように立っている巨木で存在感がある。幹周4.15m、樹高9mのエゾエノキで山形県で3位。
落葉高木で樹皮は灰褐色で葉は互生し4~9cmの卵形である。

詳細を見る

ハマグリ沼

ハマグリ沼

名前は山の上でハマグリの化石が採れることに由来する。昔、海だったという説も。
舟形駅から松橋方面へ車で20~30分。そこから徒歩で40分。
沼と周囲の佇まい様々な思いが浮かんでくる。
『舟形町観光ボランティアガイド』の案内がオススメです。

詳細を見る

紫山夫婦せんの木3

紫山夫婦センノキ

紫山の山神神社の境内にある幹周り7.7m・高さ25mの大木は全国で第三位の太さ。
南側に幹周り5.2mのセンノキもあることから「夫婦センノキ」と呼ばれています。

詳細を見る

photo_3

荒沢の滝

地元の古老しか知らない 隠れた穢れのない自然水系。
長尾集落から念仏の松へ行く途中にある。うっそうとした茂みに隠れ、知る人は少数である。
高さ6mほどの滝。大滝と上滝の2段からなる。
亀割バイパス長尾橋から見える。

詳細を見る

2 / 3123