魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

たくさんのご来場ありがとうございました!!

13日14日と2日間にわたって開催された「ふながた若鮎まつり」は、大盛況のうちに終了いたしました。

_チラシ表面[1]

日曜日は出演ゲストの数が多かったせいか、人出がものすごかったです!

私は交代で12時半過ぎに駅から会場へ向かったのですが、道がかなり渋滞しており、普段なら5分もかからない所を15分もかかってやっと行きました。

CIMG3216

渋滞は会場の入り口のところから舟形橋を越え坂の下まで続いていて、新庄市鳥越の辺りからすでに混みはじめていたそうです。

山形方面も猿羽根山トンネルの辺りから渋滞していたそう。

会場周辺からこのような状態だったので、出店の前も焼鮎を買い求める人の行列がすごかったです。

NCM_0272

 

行列が途切れたところでおみやげ用の鮎を買いに行ったら、焼き上がるのはお祭りの終わり頃になりそうだと言われてとてもビックリしました。

すごく食べたかった鮎めしの方は残念ながら売り切れ(T_T)

他の食べ物も3時頃には売り切れてしまったものが多かったようです。

焼鮎などをあまり待たずに確実に食べたい時は、少し人出の少ない土曜日に来るのをおススメいたします。

 

今年は時々雨に降られたとはいえ、昨年に比べると天気が良かったので、大勢の方が足をお運びくださり、とてもうれしく思っております。

また来年も鮎を食べに舟形へおこしくださるのを心よりお待ち申し上げております。