魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

こどもの日の笹巻き。

きのう6月5日、舟形では月遅れのこどもの日でした。

舟形町では毎年この月遅れのこどもの日に「笹巻き」というものを食べます。

「笹巻き」はもち米を笹の葉で包んで茹でたものです。

ちまきにちょっと似ていますが中身は白いご飯で、もち米で作ったおにぎりといった感じです。

舟形ではよく納豆やきな粉(こちらのきな粉は薄緑色をしています)をつけて食べます。

笹には殺菌作用があって長持ちするので、遠くに住む親戚などに送ってあげるととても喜ばれます。

素朴ですが爽やかな笹の香りがして何個でも食べられます。

ときどき産直まんさくでも販売されていますので、お見かけのさいはぜひ食べてみてください!

関連する記事・ページ