魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

雪解け水が流れています。

ひさしぶりに駅裏の方へ行ってみたら、だいぶ雪が解けて農業用の水路が見えてきていました。

060

道端でこういうところを見付けると、ちょっとうれしくなりますよね( ^ω^* )

ついふきのとうや花が咲いていないか、探してしまいたくなります♪

そういえば去年の今頃、この駅裏のたんぼには渡り鳥たちがたくさん遊びに来ていました。

たぶん去年はここのたんぼだけ雪がなくて、稲刈りの時にこぼれたお米が拾って食べられたからでしょうが、今年は見られなくてとても残念です。

この頃だいぶ暖かくなってきたので、渡り鳥たちもみんな北の方へ帰ってしまったでしょうね。

その代わり、暖かいところで越冬したスズメなどの鳥がこちらへ戻ってきていて、朝がとてもにぎやかになりました。

天気が良いと日の出とともに騒ぎ出すので、朝はあまり眠っていられません(-.-)zZ

鳥たちはどうして朝からあんなに元気なのでしょう。

 

たくさん降った今年の雪も、あと少しで消えてなくなってしまいます。

うれしいような、ちょっとさみしいような・・・(*´ェ`*)

先日、新庄辺りの13号線を車で走っていたら、雪の残っている杢蔵山をカメラで写している人達を見付けました。

地元の人ではなく海外からの旅行者のようでしたが、雪がめずらしいところをみると、南の方から来られた方々でしょうか。

日本の東北地方は世界でも有数の雪の多い場所らしいので、一番雪が降っている時期に観光に来てもらったら、すごいものがお見せできるかもしれません。

ただし雪が降りすぎて交通機関がマヒしてしまうことがあるので、3日くらい帰れなくなること覚悟の上ですが

大雪ツアーに参加してくださる方、お待ちしてます(○`・ェ・)ノsnow

関連する記事・ページ