魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

おひな祭り

3月3日はおひな祭りです。

最上地方では4月3日の月遅れで行う所も多いですね!

ようやく春の訪れを実感する楽しみな行事です(^0^)v

 

ひな祭りやひな人形の由来を少し調べてみました。

起源は平安時代までさかのぼり上巳の節句に薬草を摘み

体のけがれを祓って健康・厄除けを願いました。後に宮中の「紙の着せ替え人形」で遊ぶ

「ひいな遊び」と災厄を身代わりに引き受けさせた紙人形を流す「流し雛」へと発展したそうです。

室町時代になると上巳の節句が3月3日に定着し豪華なおひな様を飾るようになり

宮中から武家や裕福な商家・名主の家庭に広がり今のひな祭りの原型が完成しました。

単なるお祭りではなくお七夜やお宮参りと同じく女の赤ちゃんに降りかかろうとする

災厄を代わりに引き受けてくれる守り神と言われています。

 

我が家では昔の陶器のおひな様なので子供のころはお気に入りのぬいぐるみや

リカちゃん人形なども飾っていました。

近所のおひな様を見てまわりお菓子をたくさんもらったのを思い出します・・・

年代物の立派なおひな様があるお宅もありましたねぇ

あの頃はちょっと怖い感じがして見ていました。

 

私はおひな様よりもたくさん並ぶお菓子やご馳走の方が楽しみでした!!

 

 

 

 

 

 

関連する記事・ページ