魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

高倉山発掘現場

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高倉山で東北大学の考古学研究室チームによって発掘が行われています。旧石器時代の石器と、縄文時代の土器が出土しています。このあたりは過去、小国川が流れていたそうです。川石がみつかっています。丘上に隆起しているとのことで当時はもう少し標高が低かったようです。発掘後、さらなる調査が行われます。出土している石器はとても美しく、高度な技術を持った人が住んでいたと思われるそうです。西ノ前遺跡に続き、またひとつ、舟形の魅力が発見されました!発掘は9月2日まで行われています。発掘現場を見たい方はぜひ、富田地区の高倉山の現場を訪れてみてください。

関連する記事・ページ