魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

八幡神社の祭

舟形地区の八幡神社のお祭がありました。
神輿会の若連が集合し、照りつける太陽の下、かけ声たかだかに渡御となりました。神輿の鳳凰がゆらゆらと揺れて光を反射します。家の前や道には住人が出て、挨拶をかわします。「どっこいどっこい!」「よ~よいと~」など決まった掛け声があります。この神輿が来たのは、10年くらい前だそうです。それまでは毎回手づくりをしていました。40年前くらいでは米俵3俵をかついだそうです。神様にも通じるお米の貴重さ、神聖さ、大切さが伝わってきます。
 

関連する記事・ページ