魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

里帰り展が終わって

先週の「里帰り展」は本当に大盛況のうちに終わりました。
わたしはレプリカ、クリスタル販売ブースでせっせと売っておりましたが、
本物の「縄文の女神」を見て、本当にすばらしかった!という声をたくさん聞く事ができました。

わたしもはじめて本物を見て、感動しました。
想像以上の重厚感と丁寧に作られた感じ、何より作った人の”思い”が伝わってくるものでした。
4500年前とはいえ、同じ人間が作りだしたもの。
感情が込められたものであることに変わりはなく、なんだか脈々と続く、この命の歴史に思いをはせずにはいられませんでした。


それぞれ、この展示を見た人の胸にいろいろな思いがよぎったかと思います。
こうして、記念の展示に出会えたことを幸せに思いながら、
今に生きることのすばらしさを感じました。

 

関連する記事・ページ