魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

よりぬき舟形.com 「夏の芋煮会。」

今回のよりぬき.comは今からちょうど3年前、なんと物産センターで働き始めてから10日目に書いたブログです!

あまりにもあっさりしすぎな文章なので、思わず写真を付け足してしまいました・・・(;;;´Д`)

私が小さい頃よく芋煮会をしていたのはこの富長橋の下あたりです。

この辺にはよく芋煮会以外でもハヤをとりにいったりしてました。

本当にあっさり~なブログですが、自分ではけっこう好きでとても印象に残っている回なので、読んでいただければ幸いです(*≧m≦*)

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+.

 

小学生の頃、夏になると学校やこども会の行事でよく川遊びをしたものです。

場所はもちろん小国川で、お昼ごはん用に一人一合のお米とじゃがいも、お味噌汁をのむ大きなお椀を必ず持たされました。

山形の芋煮というと、たいていの方は里芋の入ったものを思い浮かべられるかと思いますが、夏にやる私達の「芋煮会」は、時期柄、掘ったばかりのじゃがいもで作るものが主流でした。

そして必ず、川で捕れたばかりの鮎の塩焼きが付いていました。

飯ごうで炊いた真っ白いご飯、鮎の塩焼きにキュウリの浅漬け、そしてじゃがいもで作った芋煮。

本当においしかったなぁ ( ^ω^ )♪

もし子供に戻ることができるのなら、もう一度あの芋煮会をやりたいです。

みなさんもぜひ一度、夏の小国川でじゃがいもの芋煮会をやってみてください!!

 

 237

関連する記事・ページ