魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「おとなの坐禅会in定泉寺。」

先週の土曜日、定泉寺で行われた坐禅会に参加してきました。

918 

我が家は富田地区にある林昌院の檀家になっているため、舟形地区の定泉寺にはまだ行ったことがありません。

なのでブログに載せたい時は、星川タクシーの横にあるこの道からチラッと見えるお寺を、いつも遠くからこっそり隠し撮りしていました(;;;´Д`)

 

 

今回、一度やってみたいと思っていた坐禅もできるとのことで、思い切って参加してみることに。

夕方始まった坐禅会には、舟形町内だけでなく最上各地からお坊さんや参加者の方が集まっていました。

 

定泉寺の住職・副住職さんの法話を聴いた後に坐禅の講習。

「両足を腿の上に乗せて、ひざを床に付けます」

との説明を受け実際やってみようとしましたが、これがなかなか簡単にはできません!

現代人は昔に比べると身体の固い人が多くなっているので、できない人が多いそうです。

身体が固くてできそうにない人は、無理をせずに片足だけ組んだり、あぐらでもいいそう。

お坊さん達も修行の時は長時間坐禅をしなければならないので、怪我をしないようにあまり無理はしないそうです。

 

暗くした本堂の中、カエルの声を聴きながらする坐禅はとても心が静まりました。

でも坐禅中、あまりゴチャゴチャと考えごとをしすぎると、集中力がなくなっているのが坐禅に現れて喝を入れられてしまうので、けっこう緊張します(≧m≦)

斜め前の人が喝を入れられる時、近くに座りすぎててお坊さんのおしりがぶつかってきた時は一瞬集中力が切れそうになりましたが・・・(くだらない話ですみませんsweat02)、あまり緊張して固くなりすぎるのも疲れちゃうので良くないそうです。

 

坐禅が終わった後は、足は痺れましたが心がとてもスッキリしていました♪

東日本大震災の復興や、参加者それぞれの願いが叶うようにと祈ってもくださり、本当にありがたく思いました。

916 

917 

坐禅が終わった後は楽しい茶話会。

冬に作ったという古代米の凍み餅やクルミのゆべしなど、手作りのおいしいお菓子をたくさんいただきました!!

「気軽に話しかけてもいいんだろうか・・・」とちょっと思っていたお坊さんも、とても気さくな方ばかりでイメージが変わりましたヽ(´▽`)/

 

舟形の後は、6月29日に新庄市十日町にある「英照院」というお寺でまた坐禅会が行われるそうです。

無料で参加できますので、坐禅に興味のある方はぜひ気軽に行ってみてください(*^ω^*)ノ

 

 

関連する記事・ページ