魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「『縄文の女神』が常設展示に。」

舟形町の「西ノ前遺跡」で出土した国宝の土偶、「縄文の女神」。

0071 

この「縄文の女神」は現在、出土した舟形町ではなく山形市の「山形県立博物館」という場所で保管されています。

これまでは年間60日程しか実物が公開されず、なかなか本物が見られる機会はなかったのですが、本日4月5日午後2時より、常設での展示が開始されることになりました。

 

これまでは公開されてる期間中に行かないと、こういうレプリカしか見られなかったのですが・・・

048 

これからはいつでも本物の縄文の女神に会えますよ~o(*^▽^*)o

 

「山形県立博物館」は午前9時~午後4時半までの開館で、月曜日が休館です。

本物の「縄文の女神」は、焼いた時に付いたのか少し焦げ目が残っていて、これが本当に縄文時代に作られたのか!と感動します♪

まだ縄文の女神を見たことがないという方はぜひ一度、本物に会いに行ってみてくだい!!

でもたまには古里の舟形町にも里帰りしてきてほしいですね(*´ェ`*)

 

 

関連する記事・ページ