魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「山ぶどうビネガーの寒天。」

毎年12月頃になると発売される舟形町の「山ぶどうビネガージュース」。

686 

こちらはビネガーですが酸っぱくなく、アルコールも入っていないので、子供でもとても飲みやすいお酢です(。・ω・)ノ

ストレートで飲んでも、お湯や炭酸水・お酒などで割ってもおいしく飲めます。

現在、産直まんさくや若あゆ温泉、万世商店、もがみ物産館(新庄駅ゆめりあ内)などで、1本850円にて販売中です!

とてもおいしいので見付けた時はぜひ飲んでみてくださいね♪

 

 

 

舟形町ではおばあちゃん達の世代からずっと、山ぶどうをお酒やビネガーにして飲む習慣がありました。

最近ではこうしてお店でも買えるようになってきましたが、こういった商品ができるまでは秋になると山へぶどうを採りに行って、家で飲む分を手作りしていました。

今は町内に山ぶどう農家さんがいるので、わざわざ山へ探しに行かなくても産直まんさくで生の山ぶどう買うことができるようになりましたが、ぶどう酒やビネガーはまだ家で手作りする人も多いです。

私の祖母も手作り派で、自分で作ったビネガーでこんなお菓子を作ったりしています。

808 

雛祭りの時にもらった山ぶどうの寒天。

山ぶどうとお酢の香りでさっぱりしていて、とてもおいしいです~( *^ω^ *)

色も普通のぶどうジュースで作るより濃くてキレイです!!

お店で売ってる舟形の「山ぶどうビネガージュース」でももちろん作れますので、ぶどうゼリーを作る時はぜひ使ってみてください(*゚▽゚)ノ

 

 

関連する記事・ページ