魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「あの地震から2年が経ちました。」

今日で東日本大震災から2年になりますね。

Ts3b2904

地震の時、私の部屋にある棚から落ちてきて止まってしまった時計。

756_3 

隣のぬいぐるみをかばうように倒れていたクマ。

この写真を見る度に、何度もあの地震が起きた時のことを思い出します。

 

東日本大震災の時は舟形町でも震度5弱の揺れを観測しましたが、幸い建物の崩壊や地割れなどの大きな被害はありませんでした。

ですがほぼ町全体が停電してしまって、地震直後はほとんど情報を取り入れることができず、いったい何がどうなっているのか、さっぱりわけが分かりませんでした。

停電中はどうやって暖をとったらいいか、ご飯はどうしたらいいか、そういうことにばかり気が取られて、電気が復旧してからもガソリンがなかなか入れられなかったり、物が不足していたりで毎日の生活にいっぱいいっぱいで、この地震で東北だけでなく日本全体が大変なことになっていることを知ったのは少し経ってからのことでした。

日々の生活のことだけでも大変なのに、津波や原発事故の恐怖もあって、当時はいつも不安を感じながら暮らしていました。

舟形の方は本当に運がよくほとんど被害がなかったので、今はもうほぼ地震前の生活に戻れましたが、大きな津波に襲われた太平洋側に住んでいた方や福島の方々は、いまだに想像がつかないほど大変な生活をしいられている方も多いと思います。

同じ東北に住む者として、地震のせいで町の姿が変わってしまったところを見るととても胸が痛くなります。

東北はとても気候の厳しいところですが、それでも負けずに皆がんばって生きてきました。

この東日本大震災もとても大きな出来事でしたが、負けずに皆で力を合わせて、より良い東北を作っていけるようがんばりたいです。

 

 

関連する記事・ページ