魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「この雪山がとければ春。」

去年やおととしに比べると、最初は大したことないように思えた今年の雪。

冬もだいたい終わり、残された雪山をあらためて見てみたら、今年もやっぱり豪雪だったんだなぁ~と気が付きました。

747 

冬の間、道路などに積もった雪を寄せてできた雪山!

たぶん3~4mくらいの高さがありますfuji

舟形に初めて来た人に以前聞かれたことがあるのですが、この雪山の下には何も入っていませんよ!

ちょっと信じられないかもしれませんが、全部雪でできた大量の雪の固まりなんです~。

745 

こうして見ると、どこか綺麗な山へ登山にでも行ったよう??

でもここに住んでいる者としては、この大量の雪ほどやっかいなものはありません(;;;´Д`)

春が近付き気温が高くなってくると崩れてくる恐れもあるので、重機を使って川などの別の場所へまた寄せる必要があります。

たんぼや畑に雪山ができると、融けるのに時間がかかって農作業の開始に支障が出るので、早目に寄せておかなければなりません。

この大量の雪を見ると、今年も桜が咲いて畑を始められるのは5月頃になってからかな、という感じがします。

少しでも早く春が来るように、冬が終わってからも除雪がんばりますヾ(;´Д`A

 

 

関連する記事・ページ