魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「春は近いですが。」

立春を過ぎ、暦の上ではもう春ですねcherryblossom

舟形町も天気の良い日はまるで春のようですが、まだ時々雪が降るので、気温はなかなか上がりません。

この頃は特に寒く、きのうの夕方はまるでザラメのような、ほとんど氷に近い雪がたくさん降っていました。

今朝もとても冷えていて、辺りの雪がガチガチに凍っています。

凍ったところに雪が降ってすごく滑りやすくなっているので、道を歩かれる際はどうか転んでしまわないようお気をつけください(○`・ェ・)ノ

 

 

少しずつ春に近付いている今の時期。

本当なら大寒よりも暖かいはずなのですが、私はいつも今の方が寒く感じます。

見た感じ天気が良さそうでも、実は放射冷却で雪の日よりも気温が低くなっていたりするからでしょうか?

暖かそうに見えるのに寒いと、よけいに寒さが身に応えますよね(o^-^o)

 

東日本大震災が起きた年も、本当にいつまでも寒い年でした。

地震で舟形町全体が停電してしまったり、灯油が買えないのであまりストーブが使えなかったり、寒すぎてもう3月だというのに足がしもやけになってしまったのを覚えています。

その記憶があるので、すごく寒く感じてしまうのかもしれませんね。

早いもので、もうすぐ地震から2年が経とうとしています。

地震後は若あゆ温泉のところの崖が崩れたり、福島の方が大勢避難して来たりで大変だった舟形町も、今ではもう地震のつめ跡はほとんど残っていません。

舟形は地震の被害が少なかったので、早く元通りの生活に戻れましたが、大きな被害を受け、いまだに避難生活を続けなければならない方は本当に大変です。

どうか1日でも早く、皆が安心して暮らせる日がやってきますように。

 

 

関連する記事・ページ