魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「豆のような。」

きのうは節分でしたね(*´v`*)

我が家では今年は恵方巻きは食べませんでしたが、豆まきだけはちゃんとやりました。

717 

私の部屋にまかれていた豆。

うちの豆まきはいつも殻付きピーナッツでやります♪

豆まきは毎年父がひとり寂しくやるのですが、今年は母とおばあちゃんが見学していたようで、何やらにぎやかでした。

とても騒がしかったので、何を騒いでいるんだろうと耳をすましてみると、母の「床に傷が付くから投げないで!静かに置いて!」という怒りの声が・・・。

節分なんだからそれくらい許してあげればいいのに・・・(*_ _)

父よ、鬼嫁は豆では退治できないみたいですね。

 

 

豆といえば、舟形観光情報館のオンラインショップ『舟形屋』で、最近、豆のような可愛らしいサイズの縄文の女神のお守りが発売されましたheart04

A19_i1_2 

このとてもかわいいミニサイズの縄文の女神は、舟形町の陶芸家・金寛美先生の作品です。

舟形町の粘土を使って、一体一体、大事に作られております!

土偶というのは本来、何か祈りを込めて作られるそうなので、ぜひこの小さな縄文の女神にも願いをかけて大切に持ち歩いてください(*^ω^*)ノ

 

『舟形屋』のサイトはこちら↓↓

舟形屋~舟形観光情報館オンラインショップ~

 

 

関連する記事・ページ