魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「電気がなくても。」

巨大地震の後の停電中に、とても役立ってくれたガーデニング用のソーラーライト。

その後我が家で増殖しております。

110424_1501010001 

買って来てくれた父いわく、家族の人数分あるそう。

4月7日に起きた余震の後も、さっそく役立ってくれました。

このソーラーライト、普段自由に電気を点けられる時は、明かりが弱すぎて存在感が薄いんですけど、停電中の真っ暗な時は本当に頼りになるんです。

電気いらずで一晩中明かりが点いてくれるところがなによりありがたい。

父の職場でも、地震の後このソーラーライトを10本くらい持って駆け付けてきてくれた人がいたそう。

やっぱりこれって良いですよね~ヽ(´▽`)/

ソーラーライト達は、今日も家で一番日当たりの良い玄関で発電中です。

Ts3b2905

 

 

 

そしてこちらも同じく父が買ってきてくれたランタンです。

ちゃんと人数分あります。

これはソーラーライトと違って電池式ですが、キャンプにも使えるくらい明るいので、これから計画停電などがあった場合に役に立ってくれそうです。

できれば使わずに済みたいですけどね(゚m゚*)

そういえば電池で思い出したのですが、今月の広報ふながたを読んでいて初めて、防災無線が電池でも使えることを知りました。

地震の後停電で受信機がつかず、外に出ないと放送が聞けなくて困ったんですよね(*´Д`*)

こんな時のためにちゃんと電池を入れておかなくちゃ。

今回の地震で、本当に日頃の災害対策は大切だと身にしみて感じました。

これを教訓に今後何か起きても困らずにすむように、きちんと対策を練っておきたいと思います。

 

 

by ルーシー

関連する記事・ページ