魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「☆若鮎まつりまであと1ヶ月☆」

縄文炎祭が終わり、先週までの暑さも一段落した舟形町では、早くも秋の気配が漂いつつあります。

ところで舟形町の秋といえば・・・

Photo

やっぱり若鮎まつり!!

もう今年のポスターも完成していますよ~♪

今年の若鮎まつりのポスターは、縄文炎祭を意識してか赤系の色です。

いつもと違い、ちょっとシックな感じでいいですね( ^ω^ )

 

お祭り1日目の9月8日(土)のプログラムは、9時のカラオケ大会予選会に始まり、

12:00~町内各小学校の発表会(幅神楽、田植え踊り、太鼓など)

13:35~歌謡ショー

13:55~プレステ3争奪!ふながたウルトラクイズ

16:30~お楽しみ抽選会

などとなっています。

正午頃からは、「とうほく元気です!TV」という番組のテレビ中継もあるそうです。

テレビに映ってみたい方は、ぜひお昼頃に会場へおこしください☆

 

2日目の9月9日(日)も午前9時に開場し、

9:40~町芸術文化協会発表会

10:55~徳内ばやし(村山農業高等学校)

11:45~猿羽根太鼓保存会

など、町内外の参加者の発表会が続きます。

私のおすすめは11時45分からの「猿羽根太鼓保存会」の太鼓です!

猿羽根太鼓は私も小学生の時に学校で習ったのですが、楽器が太鼓だけなのに音にメロディーがあって、他の太鼓を聴いた時とは全然違う楽しさがあるんです。

もちろんパフォーマンスも見ていて楽しいです♪

とても良い太鼓なので、ぜひ一度聴いてみてくださいヽ(*´▽`)/

 

そして毎年とても楽しみな日曜日の歌謡ショーのゲストは、原田悠里さんに決定しました。

こちらの歌謡ショーは14時から始まりますので、お早目に席を取ってください!

 

若鮎まつり名物の焼き鮎は、今年も大特価の250円で販売されます。

毎年恒例の鮎つかみどり大会の他に、今年は「縄文の女神」のレプリカ作りの体験などもありますので、ぜひご家族連れでおこしください♪

今年もたくさんのおこしをお待ちしております(*^ω^*)ノ

 

 

関連する記事・ページ