魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「鮎釣り大会。」

ヒストリックカーミーティングin舟形があった日、イベントを満喫して会場から帰る途中、出口を目指して小国川沿いを走っていたら、一関大橋のところで鮎釣り大会をしていました。

354 

鮎釣り大会は橋の上から遠目に見たことはありましたが、こんなに間近で見たのははじめてです!

オレンジ色の帽子が大会関係者・出場者の目印のようでした。

大会の時はこういう帽子をかぶるんですね~。

 

ヒストリックカーの会場にもたくさん人がいましたが、こちらの鮎釣り大会の会場にも人がたくさんいました。

この日は町がとてもにぎやかでなんだかうれしかったです♪

355 

車を見るのもおもしろいですが、釣りをしている人の姿をながめるのもなかなか良いです。

小国川沿いは風景が良いので、すごく心が癒されます(*^v^*)

ここはちょうどもたれられる柵もあるので、釣り人を眺めるにはもってこいの場所ですよ~。

 

8月10日からは、鮎の網漁も解禁されます。

実は舟形町民で鮎を捕る方は、私のまわりでは釣り派よりも網派の方が多いです。

町内で小国川の近くに住んでいると、朝網をしかけて夕方とりに行けるし、楽で1度にたくさんとれるので網の方が良くなっちゃうんですよね(。・w・。 )

釣りにくらべると網はあんまり情緒がないですけど・・・

小国川のおいしい鮎。

今年はまだ食べていないので、早く食べたいなぁ( ^ω^ )

 

 

関連する記事・ページ