魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「防空壕ではありません。」

長者原の富長橋側にあるお墓へ行く途中には、こんな場所があります。

234 

別にこの上は橋になっているわけでもないのですが、下に水路があり、どこからか水が流れて来ています。

小さい頃はずっとここのトンネルが戦時中に作られた防空壕だと思っていたのですが、
最近になって前よりも水の量が増えてきたことで、やっとただの水路だったことが判明しました。

実はちょっと川上の方にももう一個似たようなトンネルがあって、そこの近所に住んでいる友達も、小学生の頃「防空壕かもしれない」と私と同じようなことを言っていました。

でもこちらのトンネルがただの水路だと判明した今、あらためて考えてみると、そちらもただの水路だった可能性が高いように思います。

これでやっと昔おばあちゃんに

「これ防空壕だよね」

と聞いた時に、

「こんなところに防空壕なんて作ったっけ?」

と返ってきた答えが正しかったことが分かりました。

ちょっと天然なおばあちゃんの記憶違いではなかったんですね(*´▽`*)

 

ここの道は途中お墓があったりもしますが、小国川沿いの堤防に出る一番良い道でもあるので、ぜひ川を見に行く時にご利用ください(*゚▽゚)ノ

関連する記事・ページ