魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「無農薬です。」

我が家では今『わさび菜』という、水菜に似たちょっと辛い葉っぱを育てているのですが、
このわさび菜が一気に増えすぎて、食べきれずに困っています。

289 

青虫くんにも食べるのを手伝ってもらっているのですが・・・

量が多すぎていっこうに減る気配がありません(≧m≦)

誰かサラダ好きのご近所さん、虫食いですが、よろしかったらここから勝手に採ってって食べるのを手伝ってくださ~い(_´Д`)ノ

 

以前は虫の付いた葉っぱなんて、恐くてとても食べられなかったのですが、年をとったら全然こういうのが平気になってしまいました。

この写真の葉っぱについている青虫も、きっと生まれてからずっとこの葉っぱしか食べてないので、何も汚いことはありませんよね(。・w・。 )

「虫のついた野菜の方がおいしいんだよ」

と昔よく大人が言っていた言葉も、今なら分かる気がします。

虫が食べれる葉っぱは農薬をふってないので、安心して食べられるってことなんですよね♪

この葉っぱも青虫を取れば、水でササッと洗っただけで食べられる、とてもおいしい葉っぱです。

 

 

そういえばむかしご近所で、果樹に農薬をふる時に何も防具を着けずに散布しているおじいさんがいました。

農薬は虫に効くけど人間にも効くものなので、まわりの人達はみんな心配しながらそのおじいさんを見守っていたのですが、
最近になっておじいさんがずっと撒いていたのは、農薬でなくてネギやニンニクのエキスで作った、自然に優しい虫除けの薬だということが分かりました。

そのおじいさんは、まだ誰も無農薬とかエコとか考えてる人のいなかった時代から、「変わってる」とまわりに思われても気にせずに、ずっと自分が良いと思うことをし続けてきたんですね。

私もこの話を聞いて、そのおじいさんを見る目が一気に変わってしまいました。

農家さんは食べ物を作っているだけあって、じっくりお話を聞かせてもらうと、こういう「すごい!!」と思うようなことを実践している方がたくさんいます。

でも残念ながら、ただごちそうになるだけの側の人達がそういうことを知る機会はなかなかありません。

もし今から食べようとしている食べ物を「作った」という農家さんとお話できる機会があったら、その方がどんな風にしてそれを作ってくれたのか、ぜひお話を聞いてみてくださいね(*^ω^*)ノ

関連する記事・ページ