魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「辛いおひたし。」

今の時期、我が家の食卓にはよくこういうおひたしが出てきます。

209 

水に浸かったおひたしです。

作り方は、細かく刻んだ葉っぱに沸騰したお湯をサッとかけて、そのお湯ごと冷やすだけです。

醤油をちょっとかけて、汁ごと食べます。

一見、菜の花とか普通の葉物に見えますが、これが実は食べるとすごく辛いんです!

うちではこれを『わさびの葉っぱ』と呼んでいるのですが、本当にわさびのように鼻にツンとくる辛さです(*≧m≦*)

わさびというと、山の中のキレイな沢水が流れているところにでも生えていそうなイメージがありますが、この葉っぱは普通の畑で採れます。

本当は何ていう名前の葉っぱなのでしょう?

舟形町では昔からよく食べられているものみたいですが、そういうのって意外と正式名称の分からないものが多いですよね~(*´Д`*)

今の季節にピッタリな、とてもさわやかなおひたし。

食べるとちょっと涼しくなれます♪

関連する記事・ページ