魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

孟宗竹が届きました。

きのう、秋田の伯父さんから初物の孟宗竹が送られてきました。

202 

秋田県は最上よりも北の方にありますが、意外と気候が温暖なようで、こちらより山のものが早く採れたり、雪が少なかったりします。

孟宗竹も、もうこんなに大きくなったなんてびっくりです!

産直まんさくに舟形の孟宗竹が並ぶのはいつ頃になるでしょうね(。・w・。 )

舟形では町内で竹林を見かけることはあまりないのですが、まんさくへ行くと結構たくさん孟宗竹を出している人がいるので驚きます。

みなさん一体どこで竹を栽培しているのでしょう?

 

そういえば、私の母校・冨長小学校にも小さな竹林がありました。

毎年初夏が近付くと、大きな竹の子がニョキニョキと生えてきて、笹竹にばかり見慣れている私はいつもおもしろく眺めていました。

残念ながら結構急な崖の斜面にあるので、生徒が採ったりすることはできませんでしたが、昔は先生達が採ってきて食べたりしていたそうです。

こんな大きな竹の子、私も一度採ってみたいなぁ(*´Д`*)

 

実は我が家も畑で竹を育てているのですが、あまり土が合わないようで、10年くらい経った今でも全然本数が増えていません。

毎年、「今年は竹の子出た?」と母に訊いているのですが、1・2回しか子株が出てきたことがなく、枯れてしまいそうになっているらしいです。

植えた時は「竹の子刈りができる~♪」と喜んでいたのに、残念です(ρ_;)

うちの畑の土は粘土質なので、焼き物とかにする方が向いているのかもしれません。

女神像でも作って、薫風窯で焼いてもらおうかな。

関連する記事・ページ