魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「ガイドさんと一緒に舟形を散策♪」

舟形町には、史跡や里山、自然散策の案内をしたり、昔語りや郷土食体験を手伝ってくれる観光ガイドの方々がいます。

そのガイドの方は『こぶしの里案内人』と呼ばれ、町内各地におります。

案内料は、10名ほどの参加で半日2000円ほど。

里山トレッキングは、町のホームページに舟形町東部、西南部、舟形地区など色々なおすすめコースが載っています。

そこからさらに細かいコースがあって、舟形町東部では荒沢の滝や念仏の松、平沢地区などが見所のようです。

登山コースもあり、お昼をはさみ4時間半ほどかけて亀割山を登るものや、それよりも楽な大平山の林道散策などもあります。

大平山は途中お不動様や三吉様があり、赤松や天然記念物のミズナラの大木も見られてなかなか楽しそうです(o^-^o)♪

西南部のトレッキングはハマグリ沼と手倉森湿原などのコースがあります。

どちらも大きな道から40分ほどかかる所にあり、地元の方の案内がないとなかなか行けない場所なので、ぜひ観光ガイドさんの案内をご利用ください(*゚▽゚)ノ

舟形地区のトレッキングは、紫山の夫婦センノキと三吉神社を巡るコースと、西堀地区を巡るコースがおすすめです。

西堀地区は舟形駅から近いので、電車でおこしの方に良さそうです。

私も知らなかったのですが、西堀地区には県内一のこぶしの木なんてあるんですね~(。・w・。 )

八頭身美人土偶が発掘された西の前遺跡からすぐ近くのところみたいです。

舟形駅からも見える展望台めざして、猿羽山を後ろ側から登って行くのも楽しそうです♪

これからの時期、里山や森を散策するのに良い季節になってくるので、ぜひ観光ガイドさんと一緒に舟形巡りをしてみてください(*^ω^*)ノ

関連する記事・ページ