魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「春のお祭り。」

福寿野地区や大平地区では、毎年4月頃に地区のお祭りが開催されます。

お祭りはどちらも旧暦で行われるので、毎年日にちが違っていて、他地区に住んでいる人はいつお祭りをするのか教えてもらわないとよく分かりません(*≧m≦*)

大平地区のお祭りは、『山の神様』というもののお祭りだそうで、神社は住宅がたくさん建っている場所とちょっと離れた山手の方に建っています。

福寿野地区のお祭りは、確か新庄方面へ抜ける道の近くにあるお地蔵様の祭りで、私が小学生の頃に行った時は、出店の出る大きなお祭りをしていました。

実は福寿野地区には、このお地蔵様の他にもうひとつ、ダムの方に境内付きの結構立派な神社があるのですが、なぜかこちらの神社の方は一度もお祭りをしているところを見たことがありません。

他地区の者から見ると、こちらの方が大きい神社のように思えるのですが、どうしてなのでしょう?

福寿野に住む友達は、小学生の頃、「ここ、おばけが出るんだよ」と言ってあまり近付こうとしませんでした。

何か他地区の人が知らないいわれでもあるのでしょうか(゚m゚*)

町内の各地区のお祭りは夏に行われることが多いので、春に行われる大平や福寿野のお祭りはちょっと特別な感じがして、毎年呼ばれていくのがとても楽しみでした。

最近はもう昔みたいに盛大にお祭りをする家が少なくなってきて、お呼ばれに行くこともなくなってしまいましたが、夕方に雪が解けたばかりの土のにおいを嗅ぐと、親戚や友達の家を周ったことを思い出します。

今年は雪が多いので無理そうだけど、前は福寿野の種まき桜がちょうどよく咲いた時があって、桜の下でお花見をしていた人達がすごくうらやましかったな~(*´ェ`*)

舟形の今年の開花時期は、また去年と同じようにゴールデンウィーク頃になるでしょうか。

早くお花見がしたいですねcherryblossom

関連する記事・ページ