魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「開かずのカーテンの向こう側には・・・」

平日は朝早く仕事へ行って、夕方薄暗くなる頃に帰ってくるので、あまり部屋のカーテンを開けることがないのですが、休みの日ひさしぶりにカーテンを開いてみたら、外にものすごい光景が広がっておりました。

Pap_0004

一面まっしろけで写真だと分かりにくいかもしれませんが、となりの空き地に排雪された雪の山が、3階の窓(約6m)の高さまできております(@Д@;

こんな光景はいままで見たことがありません!!

舟形町の家は、たくさん雪が降っても1階部分が埋もれたり、軒下の雪と屋根の雪がつながったりしないように、高床式で建てられている家が多いんですけど、さすがにこんなに降られちゃったらかないませんよね(*´Д`*)

切妻屋根にしていないお隣さんは、除雪してもまたすぐつながってしまう軒下の雪を、半分あきらめつつあるようです・・・

がんばって!!

うちの父も、毎日がんばって軒下に屋根の雪が落ちるスペースを確保しようとしてくれていますが、さすがに隣の空き地がこうなので、家庭用の除雪機ではもう山の上に雪を飛ばすことができず、かなり苦労しているみたいです。

この空き地の雪は、毎年春になると町で片付けにきてくれるのですが、今年は全部運び出すのにとても時間がかかりそうですね(*´ェ`*)

舟形町の雪解けは今年もちょっと遅目になるかもしれませんcherryblossomsnow

関連する記事・ページ