魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「無人駅に一人でいると・・・」

きのうまた舟形駅に、イーストアイという電車がやって来ました。

イーストアイ

イーストアイは、普通走っているお客さんを乗せるための電車とは違い、線路などを検測するための試験車両で、電車の中はパソコンやデスクが並んでいたり、JRの人ばかり乗っていたりと、‶動くオフィス‶という感じになっています。

少しだけ色や形が秋田新幹線のこまちに似ているので、初めて見た時は間違ってこまちが山形に迷い込んできたのかと、すごくびっくりしました。

前回イーストアイが舟形へ来たのは、確かまだあたたかい頃だったと思うのですが、その時は止まらずにダーッと新庄の方へ行ってしまったので、ゆっくり見られるのはとてもひさしぶりです。

ですがちょうど電車の時間に当たってしまい、線路との間に高い雪山があったりもして、残念ながら今回もまたよく見ることはできませんでした(;д;)

なので写真も以前に撮ったものの使いまわしです☆

でも、いつも駅に誰もいない時にばかり来て、あれは私の見間違いだったんじゃないか、と心配になることが多かったので、今回はたくさん証人ができてよかったかもしれません。

無人駅に一人きりでいると、本当に時々、誰にも証明しようのない「私の気のせいだったんじゃないか」というようなことが起こることがあるんです。

別に心霊現象が起きたりするわけじゃないですが(゚m゚*)

去年も秋頃から何度か、電車が来るはずのない変な時間に、『まもなく、2番線に下り列車がまいります。危ないですから下がってお待ちください』というアナウンスがなり、でもいくら待っても電車が来ないという不思議な現象が起きたことがありました。

JRの方に聞いても点検の連絡などは入っていないというし、故障なのかもよく分からないし、とにかくアナウンスを聞いたのは私ひとりだけだったので、「自分の気のせいだったんじゃないか・・・」とすごく心配になりました。

結局あとになって、新庄駅に連絡のない点検が行われていたことが判明しましたが、証人は自分ひとりだけ~という状況は、あまり自分に自信のない私にとってはとても恐いものでした(*≧m≦*)

秋以来、変な時間にアナウンスがなって電車が来ない現象は何度か起きていますが、そのうちのいくつかはこうしてイーストアイが来たりすることもあるので、「おや?」と思った時はとりあえず線路を見てみることにします(◎´∀`)ノ

関連する記事・ページ