魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「除雪。」

週末の大雪で舟形町はまた一段と雪嵩を増しました。

すでに、ものすごい大雪だった去年と同じくらいの雪の高さになっています。

2年続けてこんなに大雪になるなんて嫌になっちゃいますね~(*´Д`*)

Pap_0044

日曜日までの大雪がひと段落したきのうは、物産センター周辺で大掛かりな除雪作業が行われました。

こちらは舟形駅1番線ホーム沿いにある駐輪場です。

たしか1・2週間前に雪降ろしをしたばかりなはずなのですが、またすごい量の雪が積もってしまって、危うく潰れるところだったそうです。

早目に救出してもらえてよかった・・・(゚m゚*)

このあとも、もうひとつある駐輪場と物産センターの屋根の雪降ろしをしていただき、消雪の水が出なくて融け残ったアスファルトの上の雪も削ってもらって、駅前がすごくスッキリしました。

どうもありがとうございます(*_ _)

同じ大雪でも去年と今年が違うのは、去年はすごい大雪がハイペースに休まず数週間降り続けたのに対し、今年はたまに晴れて休み休み雪が降ることです。

間に休みがあると除雪もお休みできるのでとても助かります。

その点で今年は去年よりもちょっと楽なのかもしれませんねヽ(´▽`)/

Pap_0043

ところでこのリーゼントのような立派な雪は、舟形駅のホームの屋根に積もった雪です。

駅の方にはたくさん屋根があるので、雪降ろしがとても大変そうです。

きのうはこちらの方でも除雪作業を行っていたので、とてもにぎやかな一日になりました。

しかしJRの除雪というのはちょっと独特なので、見ているとおもしろいです(。・w・。 )

除雪車やトラックなどで雪を運ぶことはせず、全て手作業で行うので、人数がすごいです。

外へ出た時にふと駅側を見たら、ホームにも線路にもものすごい数の人がいてビックリしてしまいました(@Д@)

どうやら屋根に積もった雪やホーム脇にたまった雪を線路の上に降ろし、それをスノーダンプですくって2人がかりでホームに上げ、それを上にいる人達がJRの土地(ふなしんの後ろ側や駅裏の杉林の方など)に捨てにいく、という連携プレーをとっているので、人数がたくさん必要になるみたいです。

舟形駅、無人駅なんですけど、こんなに除雪が大変なんて・・・

Pap_0042 

大勢の力を合わせたおかげで、140cmくらいあった屋根の上の雪もここまで片付きました。

これ以上の雪はもう積もらないといいですねー(´△`)

関連する記事・ページ