魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「お正月に食べる魚は。」

きのう、舟形の人が毎年お正月に食べている豆料理をご紹介しましたが、他にもおせちの定番料理はあります。

Pap_0035

この昆布巻きは日本全国どこでも食べられていると思いますが、

Pap_0036

舟形では「からかい」というエイの佃煮を、お正月やお祝いの時に必ず食べています。

この「からかい」は、軟骨に薄く身の付いた柔らかい魚で、とても高級な食べ物です。

フカヒレと少し似ている気がするんですけど(食べたことはありませんが・・・)、それよりもちょっと身は固そうです。

骨がたくさん入っているので、一見固そうに思うかもしれませんが、骨のいっぱい入っているところの方が意外に柔らかくておいしいんです。

写真左手前の、一番上に乗っかってるやつなんかはとてもおいしいと思いますよ♪

コラーゲンもたっぷり入っていそうです~ヽ(*´▽`*)/

前はこのからかいと昆布巻きと、もうひとつ「棒だら」という魚もよく食べていたのですが、我が家では数年前に「棒だらって固いし歯にはさまるし、あんまりおいしくないよね」という話になってからは、あまり食べなくなってしまいました。

棒だらは棒だらでまた高級な魚だし、おいしいのですが、昆布巻きとからかいだけでも結構満足できてしまいます。

でもひさしぶりに棒だらも食べてみたい気もするな(*´Д`*)

萬世鯉屋さんの鯉の甘煮もお正月のごちそうに必ず出てきます。

私の家の親戚には何件か食用の鯉を育てている家があるのですが、そういう家はお店に鯉を持って行くと、萬世鯉屋さんのおいしいタレで煮付けてくれるんだそうです。

贈り物にできるように真空パックに詰めてくれたりもして、すごく良いですよ

こういうことをしてくれる鯉の専門店というのはなかなかないものなので、おいしい鯉が食べたい!!という方はぜひ萬世鯉屋さんへおこしください(*^ω^*)ノ

関連する記事・ページ