魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「ちょっと増えています。」

つい先日、世界人口が70億人を突破しましたが、山形県の人口は年々減っていくばかりです。

県内でも人口の減少率が高い方の最上郡にある舟形も、その例外ではありません。

舟形.comのブログページには「町の概要」という欄があって、町の人口を毎月更新しているのですが、私がブログを書くようになってからはずっと人口が減っていくばかりでした。

でも最近、この町の人口に今まで見られなかった現象が起こっています。

なんと7月に7人、9月に3人、人口が増えているんです(゚0゚)

3月の東日本大震災以来、山形県には岩手・宮城・福島など被害の大きかった県からたくさんの方が避難されて来ております。

舟形町でもまだ避難所が開設されていた頃は、ずいぶんたくさんの方が避難されてきているようでした。

そしてあれから数ヶ月、町内に避難してきた方の中に、舟形町を新しい住処として選んでくださった方々がおられるようです。

それほど大きな地震の被害がなかった山形県と違って、住まいを移さなければならないほどの被害にあったご苦労は、本当に想像がつかないくらい大変なものだと思いますが、舟形町に新しく人が増えるということは、とてもうれしいことです。

舟形はとても雪の多いところですが、雪は必ず春が来れば溶けてなくなります。

お店もあまりないのでちょっと不便そうに思うかもしれませんが、車で15分くらい走ればすぐ近くに新庄市があり、そこで充分買い物ができるので意外と困りません。

平和だし、静かだし、良い町ですよ(o^-^o)

生まれ故郷にはきっと叶わないとは思いますが、舟形町のことも好きになっていただけたらうれしいですm(_ _)m

関連する記事・ページ