魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「柿が豊作。」

今朝、物産センターに出勤してきたら、シルバーさんが待合室にストーブを出してくれていました。

今日の舟形町はとても寒くて、家では朝ストーブをつけていたのですが、物産センターは日当たりがいいせいか割と暖かかったので、まだもう少しつけずにがんばってみようかと思います。

今年はあまりやんちゃな若者達にストーブいたずらされないといいな(*´ェ`*)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Ts3s118200010001 

我が家の柿が食べ頃になってきました。

私の家では『きざわし』という木からとってすぐ食べられる元から甘い柿と、アルコールに漬けて食べないといけない渋柿の2種類の柿を植えています。

この写真の柿は渋柿の方です。

昔は渋柿をさわす時はアルコール度数の高いお酒を買ってきて、お酒に強い父と母が半分酔っ払いながらがんばって漬けてくれていました。

でもこのやり方はあまりうまく渋が抜けなかったり、漬ける人が大変だったりなど、色々と問題のある方法でした。

今はお店でアルコール棒という、角砂糖の塊のような四角いろうそくのような便利な物が売っていて、密閉した容器の中に柿と一緒に入れておくだけで甘い柿を食べられるようになりました。

世の中いろいろ進歩してますね(。・w・。 )

もしかしたら我が家だけかもしれませんが、今年は柿が豊作らしくて、長者原の家の木にすごくたくさん柿がなっているそうです。

家でとって、富田の家に分けてあげて、秋田の伯父さんが取りにきて、それでも近所の方がまだ「家ももらっていいかい?」と来るくらいなっているらしいです。

一体どれほどなっているのか、全く想像できません(@Д@;

でもたくさんなるぶん実は小さくて、こんな手のひらサイズです。

Ts3s11850002 

これなら一度に2個くらい食べられちゃいそうですね♫

これからどんどん寒くなっていきますけど、暖房の効いた暖かい部屋でおいしい柿が食べられるのはちょっと幸せな気がします゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

関連する記事・ページ