魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

本日の舟形.com 「萬歳鯉屋さん。」

先日、ひさしぶりに萬歳鯉屋さんの鯉を食べました。

091028_120501 

萬歳鯉屋さんは舟形の商店街の中にあるお店で、鯉の養殖から加工・販売まで行っている鯉の専門店です。

沖の原の、えんじゅ荘の近くにある池はこの萬歳鯉屋さんの池だそうで、正真正銘、舟形産の鯉を作っておられます。

私のひいおばあちゃんが生きていた頃からもうお店をやっていて、昔から町民に愛されてきたお店です。

看板がなく、一見普通の家に見える外観なので、一度来たことがある人でないとちょっと見過ごしてしまいそうですが、中に入ると鯉の生簀があったりします。

Pap_0713

鯉と言っても、錦鯉のような赤とか金色の鯉ではなく黒いやつなので、ちょっと写真では姿が見えませんね(゚m゚*)

でも中にたくさんいるんですよfish

Pap_0715 

 

 

こちらが萬歳鯉屋さんの鯉の甘煮です。

ちょっとしょっぱ目の味付けで、ご飯が進みます゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

お酒にも合いますよbottle

鯉の甘煮は、内臓好き派と身だけ派に分かれると思いますが、私は今まで身しか食べられなかったのが、2年くらい前から内臓も食べられるようになりました。

内臓って生臭いのかなーと思っていたのですが、なんとなく食べてみたら身の方と全く変わらない味で、むしろレバーのような柔らかい食感なので、身よりもおいしいくらいでした。

ウロコもシャキシャキしておいしいですし、骨も圧力鍋で煮れば食べられちゃいます。

なんだか鯉って食べられない所がないですね(゚▽゚*)

鯉の泥臭さが苦手だという方も多いかもしれませんが、萬歳鯉屋さんの甘煮はいつ食べても淡水魚独特の泥臭さを感じたことがありません。

きっと小国川のきれいな水で育てているからなんでしょうね。

そういえば鮎の方も、小国川でとれるからか今まで土臭いと感じたことがないです。

鯉は苦手という方、ぜひ一度萬歳鯉屋さんの鯉を食べてみてください(○`・ェ・)ノ

刺身の方もおいしいですよ♪

萬歳鯉屋さんの鯉の甘煮は一切れ350円くらいです。

真空パックでの販売も行っているので、遠くにお住まいの方もぜひお問い合わせください(*^ω^*)ノ

萬歳(ばんぜ)鯉屋さん:0233(32)2148

関連する記事・ページ