魅力再発見 ふながたブログ 特派員のつぶやき「若あゆと古代ロマンの里 舟形町」の旬な情報をお伝えします

└(゚∀゚└)ハッスル!ハッスル!!(┘゚∀゚)┘

昨日は更新できなかったーorz

投稿画面から全然打つ暇なくて(´-ω-`;)ゞポリポリ

さて、育児書関係ばかりオススメをしていたので今日は違うものをご紹介!

今日のおススメ!?ジャガジャン

「心のおくりびと東日本大震災 復元納棺師~思い出が動き出す日~」

マジ泣きしました。゚・。(。/□\。)。・゚ウワーーーン!!!!   先にね( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )読んじゃったんだって

鼻水ズーズー涙もダラダラ・・・

ティッシュがいくらあってもヾ(´囗‵;)ノ足りましぇ~ん!!!

もうですね。。。見出し?で若干ウルッときてしまったんですよ・・・

ノンフィクションとか感動モノとかメチャメチャ弱いんです(つд`)

   見出し?↓      復元納棺師とは↓

写真だとちょっと見にくいですね・・・

ちょこっとだけ一部抜粋で「復元納棺師とは」を書き起こすと

『復元納棺師は、事故や災害などで傷ついた遺体を、生前の姿に重ね合わせて復元する。

それは、遺族と亡くなられた人との思い出をつなぎ、心の絆をとりもどすための仕事である。』

いや~(T▽T)

話を読んで知っているだけに文章打つだけでも泣けてきちゃいます。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

東日本大震災、いろんなボランティアの人が参加しました。

ただ納棺師の笹原さんが見たなかには、ボランティアの中に被災者たちに二重の被害をあたえる人たちがいる。

・被災者より先に炊き出しにならぶ自称ボランティア青年

・心のケアという名目で老人たちをつかまえて自分の言いたいことだけ言って帰る自称ボランティアの女たち

・写真をブログなどにたちあげて、被災地にボランティアに行ってきたとじまん。

私自身、被災地にはボランティアに行っていませんが、TV放送や実際に行ってきた親や被災地にいた姉、仕事場の人に話をきくと実際に上記のようなことがあったみたいです。

ボランティアも入りにくい状況が一時ありましたよね?

今思う(考える)と「これが原因かーーーーー!!!!」ですね(`Д´) ムキー!

早いもので、もうすぐ震災から1年。

二重被害を与えない・しない範囲でボランティア活動していきたいですね。@(;・ェ・)@/反省…

・・・・個人的には節電しかできませんが。

関連する記事・ページ